江上 剛

江上 剛

作家

1954年1月7日生まれ。兵庫県出身

77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ 銀行)入行。

梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、

高田馬場、築地各支店長を務める。2003年3月に退行。

97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。 銀行員としての傍ら、02年「非情銀行」で小説家デビュー。

03年退行後、作家として本格的に活動。経済小説の枠にとらわれない 新しい金融エンタテイメントを描いている。サラリーマンの悲哀を描いた「失格社員」や、大倉喜八郎の生涯を描いた「怪物商人」 などの評伝小説はベストセラーに。近著は『Disruptor 金融の破壊者』(光文社)、『銀行支店長、泣く』(実業之日本社文庫)『再建の神様』(PHP)『多加賀主水 憤怒の鉄拳』(祥伝社)『ラストチャンス 参謀のホテル』(講談社)

講演テーマ

これからの日本経済と企業の進むべき道

経済状況が不安定な近年、これからの日本経済はどのように変化していくのでしょうか。
また、この状況のなかで、企業が存続しさらなる成長・躍進を遂げるために、経営者として取るべき行動や思考法とは?
日本企業の進むべき道について、銀行員時代の経験や取材で得られた事例、影響を及ぼす最新の国内外の社会ニュースも絡めて、今後の日本経済の見通しをお話しします。

起死回生―時代を生きぬく経営力

企業を存続していくためには、経営者の判断力が重要です。ただ生き残りを図るだけでは、衰退していくだけで成長はありません。
必要なのは、企業を再成長に導く力です。今、企業・経営者が取るべき選択とは?
その問いに対し、銀行員時代に多くの企業再生を目にし、現在は作家として多くの経営者と取材を行っている江上が語ります。

成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~

明治の動乱の時代を駆け抜け日本経済の礎を築いた安田善次郎、池田成彬ら。
かれら成功者のマインド、その生き方はまさに『成り上がり』であった。震災や円高の影響で、戦後最悪の経済状況にある日本。
経営者に求められているのは彼らが持っていた覚悟ではないだろうか。全ての経営者に贈る過去からの教訓。

<その他の講演テーマ・ジャンル>
『組織における決断と責任』、『中小企業の再生へのヒント』、『成り上がり~明治を駆け抜けた経営者たち~』
『日本の再生のカギはアジアにあり~アジアビジネス最前線』 経営、経済、金融問題など